遺言書作成サポート

遺言は元気なうちに作成をすることが大切です

遺言に関してこんなお悩みありませんか?

「遺言書は資産家が書くものであり、自分には関係ない」
「わが家は仲が良く、遺言書を残さなくても家族でうまく話し合ってくれる」

などと考えている人もいます。

また、「自分はまだ遺言書を書く必要がない」と、相続についてまだ考えなくてもいいと先延ばしにしている人もいらっしゃいます。

遺言作成は生前準備が大切です

遺言とは

遺言とは、遺言者の最終の意思を表したものです
自分の財産について、誰に何を相続させるか、自由に決めることができます。

さらに、 財産に関する事項以外にも遺言で定めることができますが、遺言の内容に法律効果をもたらすことができる事項は、法律で決まっています。

この事項を『遺言事項』といいます。
なお、遺言は被相続人ごとに作成します。

また、遺言は、文字で残すことを原則とし、後日の改変が可能なビデオテープや録音テープなどは認められていません。

遺言の種類には、まず大きく普通方式の遺言と、特別方式の遺言に分けて定めています。

遺言書の種類についてはこちら>>

遺言には種類があります

自筆証書遺言とは

公正証書遺言とは

遺言を作成する際のポイント

遺言の種類によって法律で厳格に書き方が定められています。

せっかく書いた遺言書も、書式に不備があったことで、遺言書自体が無効になることがあります。

自筆証書遺言と公正証書遺言の書き方についての説明をいたしますが、きちんとした遺言書を作成したいのであれば、一度司法書士などの専門家にご相談することをお勧めします。

相続・遺言に強い相続の専門家にお任せください!

遺言を作成する上でよくある質問

本当に相談は無料なのですか?

はい、無料です。今回の相続手続きにおいて発生しそうな問題点とその解決策を提示いたします。経験豊富な専属スタッフが事実関係やご希望等をうかがいます。

本当に相談だけでもいいんですか?

はい、大丈夫です。相続手続きに関して当事務所の専門家が親切丁寧にご相談に対応させていただきます。

遺言書ができるまでにどの程度の時間がかかりますか?

個別の事案によっても異なりますが、必要書類の収集も含め、概ね1~2ヶ月程度かかります。

  1. 遺言書は書き直しはできますか?

  2. 以前、作成した遺言は書き直すことが可能です。財産状況などが変化している場合は必ず書き直しをする必要がありますので、定期的に遺言の内容を確認する必要があります。

遺言の書き方や作成における疑問点を当事務所が解決します!

当事務所が一宮で選ばれる理由

当事務所の選ばれる理由はこちら>>

遺言書作成サポートの無料相談受付中!

当事務所は、無料相談を実施しております

もちろん、無料でも当事務所の司法書士が親切丁寧にご相談に対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。

土曜・日曜・祝日の面談をご希望の場合はご相談ください。

当事務所では費用を明確にし、お客様が安心してサービスをご利用できるように心掛けています。

予約受付専用ダイヤルは0120-223-336になります。

電話受付:9時00分~19時00分(土・日・祝日・夜間も対応可能)

無料相談について詳しくはこちら>>

事務所紹介について詳しくはこちら>>

当事務所が選ばれる理由について詳しくはこちら>>

遺言書作成サポート

サポート サポート料金
遺言書作成 110,000円~
遺言の効力チェック 11,000円~
証人立会い 11,000円~/名
遺言の保管 0円

料金表については詳しくはこちら>>

遺言執行サポート

サービス内容 費用
500万円以下 330,000円
500万円を超え5000万円以下

330,000円~924,000円

5000万円を超え1億円以下 924,000円~1,474,000円
1億円を超え3億円以下 1,474,000円~3,014,000円
3億円以上 3,014,000円~

※ 諸証明発行等の実費は別途かかります。

遺言執行について詳しくはこちら>>

相続・遺言の無料相談受付中! 0120-223-336