遺産分割

父の遺言とは異なる内容で遺産分割を行った事例

状況 相談者様のお父様がお亡くなりになり、遺言が遺されていました。相続人は相談者様とそのお兄様のお2人で、相談者様らのお母様はすでにお亡くなりになっていました。 相談者様は、ご両親のお近くにお住まいであったため、お母様が亡くなられて以降、お父様のお世話をされていました。 お父様はそのことを感謝されていたようで、遺言には相談者様へ財産の多くを与える旨が記載されていました。 相談者様は、遺
続きを読む >>

相続不動産の管理が大変な場合の遺産分割協議を成功させたケース

状況 相談者のお父様がお亡くなりになり、お父様名義の不動産の相続の相談をしたいとのことでご来所されました。 相続人は皆、マイホームを持っています。そのため、亡くなったお父様の不動産を管理することが難しい状況であり、相続後の不動産の管理に関して気にかけていました。 提案 不動産を相続した場合、その不動産への管理責任が発生します。もしも放火されてしまった場合は責任を負う必要があるなどリスク
続きを読む >>

相続人の中に行方不明の方がいる場合の遺産分割協議を成功させたケース

状況 相談者のお父様がお亡くなりになり、お父様名義の土地を相談者へ相続登記したいとのことでご来所されました。しかし、相続人の中に5年前から行方不明の方がいらっしゃり、相続手続きを進めることができておりませんでした。相談者は一刻も早く相続登記を行い、新しい家を建てたいとのことでした。 提案 5年間相続人が行方不明であり、今後もいつ現れるかわからないので、裁判所に不在所財産管理人の選任の申立
続きを読む >>

甥、姪が相続人になった場合の遺産分割協議を成功させたケース

状況 相談者のお父様がお亡くなりになり、お父様名義の不動産を相談者へ変更したいとご来所されました。相談者にはご兄弟がいらっしゃり、相続権はご兄弟にもあります。しかし、ご兄弟の中の一人がすでにお亡くなりになっておられました。お亡くなりになっているご兄弟には成人のお子様がいらっしゃり、代襲相続によりそのお子様(甥、姪)にも相続権があります。 また、お姉様、甥及び姪は「不動産は必要ないので現金が
続きを読む >>

相続人の中に未成年の方がいる場合の遺産分割協議を成功させたケース

状況 相談者の旦那様がお亡くなりになったため、旦那様名義の不動産と預貯金を奥様に移したいとご来所されました。相談者様には未成年のお子様がいらっしゃって遺産分割協議をできるのか不安に思っておられました。 提案 不動産の名義を奥様に変更するためには、相続人全員による遺産分割協議が必要となります。 一般的に未成年者が重要な契約等を行う場合には、その親権者である父、母が代理人となりますが、親権
続きを読む >>

相続・遺言の無料相談受付中! 0120-223-336