相談事例一覧

遺言2

当事務所にご相談いただく前はどのようなことにお困りでしたか?また、司法書士にご相談いただく上で不安だったことなどをお聞かせください。 金融資産の分配割合が決まらなかった。 当事務所にご相談いただくことで不安は解消されましたか?当事務所の無料相談を受けていただいて感じたことをご自由にお書きください。 一般人と比べたら知識の量はとても多いため、無料相談を受けられて良かったと感じました。 あ
続きを読む >>

遺言1 

当事務所にご相談いただく前はどのようなことにお困りでしたか?また、司法書士にご相談いただく上で不安だったことなどをお聞かせください。 自分が死んだ後に、残った財産をどうするかで子供達がもめるが不安でした。 当事務所にご相談いただくことで不安は解消されましたか?当事務所の無料相談を受けていただいて感じたことをご自由にお書きください。 解消されました。遺言について1からおしえて頂き、本当にあ
続きを読む >>

再婚者の子供(連れ子)のお金遣いが荒いため財産を相談者(妻)へ贈与したケース

状況 再婚した夫とその子供のお金遣いが荒いため、夫が生きている間に夫の財産をどんどん使い果たしてしまい、自分に遺す遺産が無くなってしまうことを心配した相談者(妻)が夫の不動産の名義を自分に移したいとご来所されました。 再婚前から夫の家族のお金遣いが荒いことは知っていたとのことでしたが、夫の息子(連れ子)が夫に貯金を引き出させ、夫の貯金残高が減っていることに気がつき怖くなったため、不動産の名
続きを読む >>

証券(株式)会社の口座を含む財産の名義変更したケース

状況 相談者様のお父様がお亡くなりになり、相続財産として自宅の他、預貯金、証券会社の口座の他、株式、投資信託等を相続されたという事案でした。 相談者様は、相続人間で揉めないことを優先に平等に相続したいと思い、その解決法のご相談をするためにご来所されました。 相続人は相談者様のお母様と、兄妹の計3名です。 提案 当事務所のご提案は ①税理士を通じて財産評価をし、亡くなったお父様の相続
続きを読む >>

亡くなった父親が遠方の金融機関に口座を作っており、その預貯金の解約を行ったケース

状況 相談者のお父様がお亡くなりになり、北海道にある銀行に預金口座を作っていたことがわかりました。 しかし、その口座を解約する手続きのために北海道に行くことはできないため、遠方からの解約手続きの方法はないか、ということでご来所されました。 提案 実際に北海道にいく必要はないこと、司法書士が相談者様に代わって口座解約手続きをすべて郵送で行うことができる、ということをご提案させていただきま
続きを読む >>

相続権の無い方に財産を譲渡する為の遺言書作成を成功させたケース

状況 相談者は一人暮らしで、よく面倒をみてくれるご近所の方がいらっしゃいます。 そちらの方に相談者の財産を渡したいので遺言を作成したいとご来所されました。相談者にはご兄弟がいらっしゃいますが疎遠であり、ご兄弟には財産を渡したくないとのことでした。 提案 相続権の無い人に遺産を相続させたい場合は遺言作成が必要であることを伝えました。また、遺言書を作成する際、公証役場に出向く必要があります
続きを読む >>

夫の遺言書を相談者(妻)が代筆したため、遺言が認められなかったが、無事に夫の意向通り、遺産分割が実現できたケース

状況 遺産分割協議を行い、夫の財産を相談者へ名義変更したいとご来所されました。 相談者の夫は生前、体が不自由であったため相談者が夫の言葉を参考に遺言を代筆しました。その遺言書の内容は、子供がいないご夫婦でしたので、夫のすべての財産を夫の兄弟には渡さずに妻だけに遺すという内容でした。 そして、夫が死亡したため、夫の財産を相談者へ名義変更しようと裁判所に行くと、遺言を代筆したことが判明し、遺
続きを読む >>

父の遺言とは異なる内容で遺産分割を行った事例

状況 相談者様のお父様がお亡くなりになり、遺言が遺されていました。相続人は相談者様とそのお兄様のお2人で、相談者様らのお母様はすでにお亡くなりになっていました。 相談者様は、ご両親のお近くにお住まいであったため、お母様が亡くなられて以降、お父様のお世話をされていました。 お父様はそのことを感謝されていたようで、遺言には相談者様へ財産の多くを与える旨が記載されていました。 相談者様は、遺
続きを読む >>

相続不動産の管理が大変な場合の遺産分割協議を成功させたケース

状況 相談者のお父様がお亡くなりになり、お父様名義の不動産の相続の相談をしたいとのことでご来所されました。 相続人は皆、マイホームを持っています。そのため、亡くなったお父様の不動産を管理することが難しい状況であり、相続後の不動産の管理に関して気にかけていました。 提案 不動産を相続した場合、その不動産への管理責任が発生します。もしも放火されてしまった場合は責任を負う必要があるなどリスク
続きを読む >>

相続人の中に行方不明の方がいる場合の遺産分割協議を成功させたケース

状況 相談者のお父様がお亡くなりになり、お父様名義の土地を相談者へ相続登記したいとのことでご来所されました。しかし、相続人の中に5年前から行方不明の方がいらっしゃり、相続手続きを進めることができておりませんでした。相談者は一刻も早く相続登記を行い、新しい家を建てたいとのことでした。 提案 5年間相続人が行方不明であり、今後もいつ現れるかわからないので、裁判所に不在所財産管理人の選任の申立
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
相続・遺言の無料相談受付中! 0120-223-336