甥、姪が相続人になった場合の遺産分割協議を成功させたケース

状況

相談者のお父様がお亡くなりになり、お父様名義の不動産を相談者へ変更したいとご来所されました。相談者にはご兄弟がいらっしゃり、相続権はご兄弟にもあります。しかし、ご兄弟の中の一人がすでにお亡くなりになっておられました。お亡くなりになっているご兄弟には成人のお子様がいらっしゃり、代襲相続によりそのお子様(甥、姪)にも相続権があります。
また、お姉様、甥及び姪は「不動産は必要ないので現金が欲しい」とのことでした。

提案

相談者は不動産を相続したいとおっしゃっておりましたので、不動産は相談者の名義にすることを提案しました。
また、お姉様、甥及び姪は「不動産は必要ない」との事でしたので、不動産の価値を現金で4等分し、現金をお姉様、甥、及び姪にお渡しすることを提案しました。(代償分割)

結果

不動産の名義を相談者へ無事に移すことができました。また、現金をお姉様、甥及び姪にお渡しすることができ、ご満足いただけました。

遺産分割の最新記事

相続・遺言の無料相談受付中! 0120-223-336